毎度ありがとうございます日本機械工業株式会社

日本機械工業TOP> 一般事業主行動計画

【日本機械工業株式会社 行動計画】女活・次世代一体型


 『社員の働き方を見直し、仕事と子育て等を両立させることができ、また、女性が活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。』


 ≪計画期間 令和2年12月1日〜令和7年11月30日≫


 〈目標@〉

 社員が働きやすい環境を整備するため、研修等を実施する。

 〈対策・取組内容〉

 ・令和3年2月  社内で研修内容等について検討する。

 ・令和3年11月 働き方改革研修、ハラスメント研修、女性活躍推進研修等を実施する。


 〈目標A〉

 育児休業法に基づく育児休 業や子の看護休業や介護休業等、雇用保険法に基づく育児休業給付、労働基準法に基づく産前産後休業等、健康保険法に基づく出産育児一時金・出産手当金の諸 制度について全社員への周知を図ると共に、管理職または社員へ制度の利用促進を図ることが出来るよう、制度利用の手続き等についても理解を深め、仕事と子 育てを両立できる働きやすい環境を整える。

 〈対策・取組内容〉

 ・令和2年12月 全社員への現段階での出産・育児に関しての法制度理解度の調査。

 ・令和3年4月  育児休業法に基づく育児休業、雇用保険法に基づく育児休業給付、労働基準法に基づく産前産後休業等、健康保険法に基づく出産育児一時金・出産手当金に関してのパンフレット等の作成。

 ・令和3年9月  育児休業取得者や休暇取得者、見込み者に対して説明会の実施。

 ・令和4年1月  管理職を含めた全社員への社内研修を実施。


 〈目標B〉

 年次有給休暇の取得日数を、一人当たり平均年間13日以上にする。

 〈対策・取組内容〉 

 ・令和2年12月 年次有給休暇の取得状況について実態を把握。

 ・令和3年3月  社内で年休取得促進について検討する。

 ・令和3年6月  社内掲示等により年休促進について社員へ周知を行い、取得促進を図る。



【前のページ】 【ページの先頭】